今夜から始める!背中ニキビの自宅ケア方法

20151030-senakanikibi

顔は毎日スキンケアで完璧な人も、突然の背中ニキビには対処に困ってしまいますよね。

急にあらわれた背中ニキビのケア方法の中でも、自宅ですぐに始められるケア方法をご紹介していきます。

背中ニキビのケア方法

背中ニキビのケアは、大きく分けて3つあります。

・生活習慣を見直す
・スキンケアを見直す
・皮膚科で治療

この中でも、生活習慣とスキンケアの見直しは自宅で行うことが出来ます。それぞれどのような対策ができるのか、詳しく見ていきましょう。

睡眠と食事の時間を整える

毎日一定の時間に睡眠や食事を摂ることが、理想の生活リズムです。ただ、まったく同じように毎日過ごすことは難しいので、できる範囲で規則を設けてみてはいかがでしょうか。

・朝起きる時間を一定にする
・夜遅くに食事をしないようにする

背中ニキビをケアしている間だけでも続けて、定期的に身体の調子を整えましょう。

良い睡眠でストレスを緩和

sleep
同じ時間であっても、質の良い睡眠はストレスをやわらげる効果があります。ちょっとした工夫で、睡眠の質を高めることができます。

・寝る1~2時間前はスマートフォンやPCによる強い光は避ける
・カーテンを遮光カーテンに換える
・夜つける明かりは間接照明を取り入れる
・シーツやパジャマは落ち着いた色味の肌触りの良いものにする

少しずつ取り入れて、ベッド周りは落ち着ける環境を整えていきましょう。

食事はバランスが大事

食生活の乱れは食事内容も大切です。食事によって栄養が偏ると、背中ニキビだけでなく、身体の不調を招きます。

我慢しないバランスのとり方

食事に関しては、我慢するだけではストレスが溜まってしまいます。我慢ではなく、食べ方を工夫しましょう。食事量やバランスは、1日単位で考えると実践できます。

野菜でバランスをとる

揚げ物や肉類など、油分や味の濃いものを食べるときは、野菜を同じくらいの量を摂りましょう。

甘いものは朝から昼の間に

甘いものは早い時間に食べて満足してしまいましょう。夜に食べたくなったら、翌日の朝の楽しみにして、早めに就寝しましょう。

楽しみを考えながら眠ることも、質の良い睡眠につながります。

ジャンクフードは控えて

極端に辛いものや、スナック菓子、ジャンクフードは背中ニキビのケアの間は控えましょう。刺激物や油分が過剰なものは、身体の中で毒素を生み出し、背中ニキビが治りにくくなってしまいます。

急な変化よりも、緩やかに健康的な食生活へ変えてくことで、無理なく続けられます。

スキンケアの3つのポイント

背中ニキビを改善するスキンケアのポイントは3つあります。
 

1.清潔

肌はいつも清潔に保ちましょう。

背中は顔と同じくらい、毛穴も皮脂も多い箇所です。毎日の洗浄によって清潔に保つことで、古い角質が除去され、健康な肌が作られます。

2.低刺激

背中にニキビができている状態は、肌環境が乱れ、刺激に敏感な状態です。背中に直接触れる衣服は、刺激の少ない素材のものを選びましょう。

3.保湿

肌は保湿が肝心です。乾燥は肌のバリア機能を低下させ、肌トラブルが起こりやすくなります。

保湿ケアは背中ニキビの対策にも予防にもなります。日頃から背中をはじめ、全身の保湿ケアをこころがけたいですね。

背中ニキビの自宅ケア方法

3つのポイントから、自宅ではじめる背中ニキビのケア方法をご紹介します。

【清潔】お風呂でケア

毎日の入浴習慣は清潔を保つだけでなく、簡単に背中ニキビのケアを取り入れられます。

背中を洗う

背中を洗うときに気を付けたいことが、「いつ洗うか」、「何で洗うか」の2点です。

背中を洗うタイミング

お風呂で全身を洗う順番は、頭、顔、身体の順番です。シャンプーやコンディショナーが背中に残らないように、全身は上から順番に洗います。

背中洗いは手ぬぐいがおすすめ

bath
背中は、洗浄料をしっかりと泡立てて、綿など天然素材の布でやさしく洗いましょう。シャンプーなどのすすぎ残しが無いようにと言っても、背中をナイロンタオルでゴシゴシ擦っては、肌を傷つけてしまいます。

天然素材の一番手軽なものは「手ぬぐい」です。手ぬぐいは、大きさと長さも背中を洗うのに適しています。良く絞って干しておけば、乾きも早く、清潔に使い続けられます。
 

おすすめの洗浄料

背中を洗う洗浄料は、ニキビ用洗顔料で敏感肌にも使える「ルナメアACファイバーフォーム」がおすすめです。価格は税込み1,944円で、ドラッグストアやインターネットでも購入できます。

背中ニキビに肌の乾燥は大敵です。ボディソープや普通肌用のニキビ用洗顔料で洗うと、必要な皮脂まで洗い流してしまう恐れがあります。

ルナメアACファイバーフォームは、肌に必要なうるおいを与えながら、ファイバー状のスクラブで肌を傷つけずに毛穴の汚れを絡めとることができます。しっかりとした泡立ちで、背中に泡を転がすようにして洗えます。

肌にやさしい入浴剤を使う

手の届きにくい背中は、保湿剤や肌荒れがケアできる入浴剤入りの湯船に浸かることで、ニキビケアができます。

ニキビケアが出来る入浴剤を選ぶには、余分な皮脂を落とせること、肌を保湿できることの2点です。温泉や天然成分でできている入浴剤がおすすめです。

入浴剤は全身を手軽にケアできて、お風呂のリラックス効果、デトックス効果も高めてくれます。自分に合った入浴剤を見つけて、バスタイムを有効活用しましょう。

おすすめの入浴剤

ツムラの「バスハーブ」は天然成分100%のくすり湯です。6種の生薬により、湯冷めしにくく、血行促進効果が非常に高い入浴剤です。

入浴効果が長続きするので、全身のスキンケアをしている間も湯冷めせず、睡眠の質も上がります。背中ニキビの心当たりが、疲れや睡眠不足の方はぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか。

生薬成分のカミツレの発汗作用は毛穴に詰まった皮脂汚れを輩出する効果があります。背中ニキビの過剰な皮脂を洗い流し、天然成分がヒリつきやカサつきを抑えて、肌を守ります。

肌のかゆみを抑える鎮静効果もあり、アトピーなどの乾燥性敏感肌の方も安心して使えます。

【低刺激】衣服で背中ニキビケア

背中は普段衣服に覆われていることがほとんどです。刺激を与えないよう、衣服の素材には気を付けましょう。

肌着やルームウェアは肌触りの良いものを

素材はシルクやコットンなど、天然素材のものがおすすめです。たとえば、部屋着やパジャマから取り入れてみてはいかがでしょうか。

一日で一番汗をかく睡眠時間帯は、吸収性、通気性の高い素材を身に着けましょう。パジャマやシーツはいつも清潔なものを身に着けることで、背中ニキビの予防になります。

ルームウェアは背中の開いたものも

ルームウェアなら、素材だけではなく、形でも背中ニキビに刺激を与えないものがあります。素材による刺激を受けない、背中があいたキャミソールやホルターネックタイプのものはおすすめです。

おすすめの肌着

ふだん衣服を直接着ている人は、衣服と肌の間に通気性と吸収性の良い肌着を身に着けましょう。背中に直に触れるものは素材に気を配り、肌に刺激を与えないことが大切です。

無印良品のオーガニックコットンの肌着は、素材が良いものであることと、やわらかい着心地で人気の商品です。また、ユニクロの「エアリズム」もかなりの優れものです。化学繊維でありながら、吸収力も速乾性も高く、1,000円以下で購入できます。

機能性の高い肌着も、お手頃価格で手に入れられるので、積極的に取り入れましょう。

【保湿】毎日スキンケア

顔のスキンケアと同じように、背中も毎日のスキンケアで確実に肌は変わります。

背中専用保湿剤ジュエルレイン

背中のスキンケアには背中専用の「ジュエルレイン」がおすすめです。

敏感肌も安心の成分

jwl
ジュエルレインには、抗ニキビ薬などの強い角質除去成分はなく、抗炎症と保湿成分で背中ニキビを改善します。

角質が薄い、または皮脂が少ない、敏感な肌にも安心して使えます。

ニキビや肌荒れによる炎症を抑え、プラセンタエキスやヒアルロン酸、コラーゲンで肌に水分と弾力を与えます。セラミドやスクワランなど、肌のバリア機能を補う成分も含んでいるので、肌本来の機能を育てる保湿ジェルと言えます。

朝晩1日2回のスキンケア

肌が敏感な状態なときこそ、1日2回のケアが必要です。

背中ニキビが出来ているときは、肌環境を整えることが重要です。まずは肌を乾燥させないことが、第一ステップになります。

こまめな保湿ケアは、肌本来のバリア機能を高め、背中ニキビになりにくい強い肌を作ります。

なかなか治らない時は皮膚科へ

しつこい背中ニキビを徹底的に治すには、皮膚科の治療をおすすめします。

専門医の診断と合わせて自宅ケアを続けることは、ニキビの悪化を防ぎ、治療の効果も出やすくなります。

繰り返す背中ニキビを完治させずにいると、背中にニキビ跡ができてしまいます。跡になると消すのは時間も手間もかかります。
目安としては、自宅ケアを始めて1~2週間で様子を見て受診を検討しましょう。

背中ニキビは肌質改善から

背中ニキビは、脂性肌でも乾燥肌でも、もともとの肌質には関係なくあらわれるものです。

その時々の肌の栄養が偏ったり、刺激が増えるなど、必ず原因があります。考えられる原因や習慣を改善して、健康な肌環境に整えることが、一番の背中ニキビケアです。

できることから取り入れて、背中ニキビの改善から肌質改善を目指しましょう。